2006年03月31日

Masaのウクレレへなちょこ演奏集3「見上げてごらん夜の星を」



 私のへなちょこ演奏集の第3弾。今回は坂本九師匠の名曲「見上げてごらん夜の星を」。今回は今まで以上に悪戦苦闘だった。今までよりも少し曲も長いし、押さえ方の難しい箇所、コードチェンジがなかなかスムーズに行かない箇所があり、苦労した。

続きを読む

2006年03月30日

我が家はNHK講座一家〜受信料はしっかり払っています!!

 4月からのNHKラジオ英会話講座は「徹底トレーニング英会話」にしたんだけど、ヨメさんも久しぶりにはじめると言っている。ヨメさんが選んだ講座は「英会話入門」でレベルは4。・・・英語の実力はヨメさんのほうが上なんだけどなあ。
続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

ゲテゴラン?ソウソウ?なんじゃそりゃ

 私がウクレレを練習していると、息子が「パパ!!ゲテゴランはいやだ!!ソウソウがいい!!」としきりに言う。なんじゃそりゃ?また意味不明なこと言い出したな、それとも何かの怪獣の名前か?

続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

サルでもわかるコードのつぼA〜全音と半音

 コードの響きは「メジャー」なら、明るく、濁りのない響き、「マイナー」なら暗い雰囲気の響きとなるが、この違いはなぜ出てくるのか?

 それを知るには、それぞれの和音を構成する音の関係を知る必要がある。さらにそのための基礎的知識として、「全音」と「半音」について知る必要がある。・・・・ということで今族は「全音」と「半音」についてのお勉強(なんか、だんだん、ウクレレ初心者というより、子供の頃の音楽の教科書みたいになってきたなあ)
 
  

 



 続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

ウクレレ選びのつぼC〜メーカー研究その2「FAMOUS」

 「FAMOUS」は、1919年創業のキワヤ商会が1955年につくったオリジナルブランドである。国産ウクレレの定番と言え、たいていの楽器屋でおいているウクレレはこの「FAMOUS」がほとんどである。たいがいの本やネット情報でも初心者用としておすすめしている安心ブランドだ。

 



続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ選びのつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

今度は「徹底トレーニング英会話」にチャレンジ!!〜NHKラジオ講座

 チャレンジャーMasaこと私は英会話の勉強にもチャレンジしている。NHKのラジオ講座をメインに勉強してきた。テキスト代1月350円で気軽に勉強できるので始めて2年になる。(3日坊主で終わるかと思ったけど、なんとか続いている・・・・しかし、成果のほうは・・・・・?)

●これまでの英会話講座遍歴 
そういう私が今まで聴いてきた講座は、

・H16.4〜H17.3は、「新基礎英語2」
 中学2年生レベル。基礎的な内容なのでなめてかかったが、10年以上も英語の勉強なんかしてなかったので以外にてこずった。

・H17.4〜H17.9は遠山顕先生の「英会話入門」
 中学3年生レベル。中3でこんなハイレベルなのか?とびびる(笑)しかし、英語の歌や、英語の物語、コマーシャルブレイクなんてコーナーもあって面白い。まさに遠山先生の言っている「楽習」。
   
・H17.10〜H18.3は同じく遠山顕の「英会話中級」
 高校生レベル。すっかり遠山ファンになってしまい、そのまま中級へ。「入門」との違いは良く分からないが、確かに出てくるフレーズは少しひねりがはいってきたような気がする。
続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

ロクハ公園〜憎めない奴

 今日は天気が良く暖かかくて気持ちの良い日だった。息子と2人でロクハ公園に行った。ここに来るときは必ずパンの耳を持っていく。池にいる水鳥、鯉、亀にあげるえさだ。

 水鳥は鴨やアヒルに混じって1羽ひときわ大きくて「ガア!ガア!」とうるさいやつがいる。
gachou.JPG

  
続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ハワイの味覚@「コナ・コーヒー」

 私は大のコーヒー好きである。・・・と言っても、とくに銘柄とかにこだわりがあるわけではなく、インスタントでも十分満足してしまう程度だけど。

 ハワイ島のコナ地区で栽培している「コナ・コーヒー」は世界の5大高級コーヒーの一つに挙げられるグルメコーヒーとのことで、一回飲んでみたいと思っていた。スーパーとかデパ地下をのぞいてもお目にかかることはなかたんだけど、先日、草津近鉄のハマヤというコーヒー豆の店でついに発見した。2種類あり安いほうは100gで777円、高いほうはその倍する。何だこの値段の差は?

 
続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイに行きたい!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

ウクレレCD「COOL TOUCH / Ohta-san」

 オータサンの「COOL TOUCH」を聴いた。
COOL TOUCH Ohta-san”Herb Ohta”Melodies Vol.2


 彼のベスト盤「Best of Ukulele」の中で何曲か入っていたジャズタッチな曲が気になっていたのだが、このアルバムは、まさにこのジャズ&ボサノヴァタッチな曲を集めたものだ。オータサンが作曲した作品集第2弾ということで、全編スィートな大人の雰囲気満載である。

 ジャズピアノやヴォーカルなども入っていて、ウクレレミュージックであることを忘れてしまうような曲も多い。ウクレレCDというよりも、ジャズのCDだと思う。・・・と言っても私はジャズの世界は良く知らないが・・・今までこういう大人の雰囲気の曲ってあんまり興味なかったけど、37歳にもなると、こういうのも良いなあと思えるようになってきた。

 このアルバムは、夕食のBGMにして聴いている。イメージ的には子供を早く寝かしつけて、バーボンでも飲みながらゆったりと聴きたいんだが、そんなライフスタイルは今の私の生活にはない。

 

 
posted by Masa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレCD&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ポッドキャスティング入門 〜すごい時代になったもんだ

 最近、巷ではポッドキャスティングが流行っている。ネット経由で音楽などの情報を取り込んで聴いたり、自分から発信もできるという物。私もちょっと興味があって、自分のウクレレ演奏の成長記録ということで下手くそなウクレレ演奏集をこのブログにアップしている。(http://ukulele-do.seesaa.net/category/1125711.html )・・・といってもまだ2曲しか入ってないけど。

 私は、ボイスレコーダーでMP3録音したものをパソコンに落としてアップしているんだけど、録音スイッチを押すときのガサガサっていう音が入ったり、無録音状態の変な間があったりと、結構難しい。それに、音も小さくて満足いくものではない。(・・・その前に自分の演奏に満足してないけど(笑))

 何か良い方法はないかと思い、「ポッドキャスティング入門」とういう本を読んだ。
ポッドキャスティング入門



 この本、ポッドキャスティングの仕組みや歴史から、聴き方、録音、編集、配信の仕方、ポッドキャスティング番組の紹介まで、幅広く網羅しており、まさにタイトル通りポッドキャスティングの良い入門書になっている。大体、最近のネット関連の用語って意味不明なカタカナの羅列で私のような初心者にはとっつきにくいんだけど、この本は懇切丁寧に書いてあって分かりやすい。

 しかし、このポッドキャスティングってやつは、私の想像以上に奥が深く、様々な使われ方をされているのが分かった。個人による自己表現が今までのブログだと文字だけだったけど、音声、映像も使ったものへと発展しているのだ。こうなると、まさにひとり放送局である!!すごい時代になったもんだ!!

 この本で紹介されている録音・編集用のフリーソフト「Audacity」を使えば、無駄なノイズの削除や、音量の変更などの編集が自由にできるようだ。よし、これ、試してみようっと。
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

満開の梅の花〜青谷梅林

 今日は世間はWBC決勝で盛り上がっているところだが、我が家は、ヨメさん方のお墓参りに奈良へ行った。その帰りに城陽市にある青谷梅林に寄った。

umenohana.JPG

 私は、桜も良いが、梅の花も好きである。というのも、私は神奈川の出身なんだけど、近くに曽我梅林という梅林があって、子供のときは家族で梅見に行ったり、小中学校の時は梅の咲く時期には毎年屋外給食というのがあった。友達と梅林の中を鬼ごっこなどして駆けずり回っていた頃が懐かしい。

 桜のような悠然と構えた貫禄はないんだけど、白梅、紅梅いりまじったコントランスは大変美しいし、あの梅の香りも大好きだ。

 青谷梅林まつりというのをやっていたようなんだけど、駐車場は殺風景な採石場?のようなところで、そこから会場まで歩いて15分かかるらしい。
 赤ん坊も連れているし、そこはパスした。 周辺には何箇所か梅林というか梅の木がたくさん植わっているところがあるので、ちょっと車を停めて立ち寄った。
 
 まつりでにぎわった雰囲気も良いが、静かなところでのんびりと梅を愛でるのもこれもまたよいもんだ。

 
 
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

いちご狩り 〜体験農園施設「ROCK BAY GARDEN」で春を満喫

 琵琶湖の烏丸半島の近くにある道の駅の中にいつの間にか「ROCK BAY GARDEN」という施設ができていた。農園体験ができたり、地元の農産物などの直売店やレストランもある。家から車で10分くらいで行けるので気軽に立ち寄れる。先日は、「じゃがいもオーナー」といって、1口(5株)1200円で、じゃがいもを植えた。秋には収穫できると言うので今から楽しみだ。

 今日は、いちご狩りをしにいった。実は先日行った時は、すでにその日の分は終了していて出来なかったので、今日はそのリベンジということで10時の開園早々に行った。

ichigogari.JPG

 入園は無料で、いちごを採った分だけ、100g300円かかる。中で食べるのは×。1パックで大体300gなので900円くらいになるので、決して安くはないが、手軽にいちご狩り体験ということで1パックだけもらって息子に採らせた。
 
 ハウスの中に入るといちごの甘い香りでなんとも良い気分。赤い実を選んで採るんだけど、意外にこれが少ない。まだ、白色混じりだったり、形がいびつだったりとなかなか気に入ったものがない。

 息子とヨメさんとで「あれがいい」「いやあっちのがいい」なんて言いながら摘んでいったら、知らないうちに1パック山盛り。何だかんだと楽しませてもらった。

 この「ROCK BAY GARDEN」は他にも、1区画5坪20,000円/年間で貸し農園をしたり、色々なイベントも良くやっているので今後も要チェックだ。(http://www.rockbaygarden.com/
 
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

意外な発見〜「ラブ・ミー・テンダー」は「オーラ・リー」

 練習曲がだいぶ増えてきた。当面の一番の練習曲は「見上げてごらん夜の星を」なんだけど、そればっかりも飽きるので、「空も飛べるはず」「涙そうそう」「エーデルワイス」なんかも平行して練習している。

 また、タイトルだけでは分からなかったけど、TAB譜通りに弾いていくと、曲の正体が分かる曲もよくある。これって結構うれしい発見だったりする。

 例えば、「アメイジンググレイス」という曲は、「白い巨塔」のエンディングでかかってた曲、「ムーン・リバー」は「ティファニーで朝食を」の主題歌。

また、「オーラ・リー」はアメリカ民謡でプレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」の原曲。南北戦争で北軍の兵士達が、ふるさとに残してきた恋人を思って歌われたラブソングだそうだ。確かスィートテンダイヤモンドのCMもこれだったな。

 この、楽譜本「ウクレレ名人御用達 すぐ弾けるウクレレ・ソロ」は、他にも「虹の彼方に」「星に願いを」「トップ・オブ・ザ・ワールド」等など、私も知っている名曲ぞろいで結構気に入っている。

すぐ弾けるウクレレ・ソロ―ウクレレ名人御用達







posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ウクレレ選びのつぼB〜メーカー研究その1「Mana」

 梅田ナカイ楽器で見かけたManaというメーカー。オールコアのハワイ産にしてはリーズナブルで店員の兄さんも薦めてた。ちょっと気になったので調べてみた。

mana1.jpg

 2001年に生産が始まったメーカーで、オアフ島に拠点を置き、従来の伝統や常識にとらわれず、自由な発想でウクレレづくりに取り組む熟練職人集団「マナ」により製造されている。「本場ハワイ製のウクレレを低価格で多くの方に楽しんで頂けるように」というのがコンセプトとのことで、確かに比較的手頃な値段といえる。 個性あふれる風貌で、もちろん、音色は職人の技が光る一級品とのことだ。

 主な素材タイプは、
@コア・マホモデル:ボディになハワイアンコア材単板、ネックにマホガニー材を使用し、抜けの良いサウンドが特徴。
Aオールコア・モデル:ボディ・ネック共にハワイアンコア素材単板を使用。
の2種類。

 型は、スタンダード、パイナップル、ロングネック、コンサートのバリエーションがある。


 気になるお値段は、スタンダードのオールコアモデルで4万円ちょっと、コア・マホモデルで3万円ちょっとってところ。私が調べた中で最安値は梅田ナカイ楽器店で、オールコアモデルが税込みで39,690円、コア・マホモデルが税込みで31,290円だった。ちなみに、コンサートのオールコアモデルが61,790円だった。

 このあたりなら手が届きそうな範囲かなあ。2本目の候補の一つになりそうだ。



posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ選びのつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ハワイに行ったらこれをするB〜フィッシング

 実は私は釣りキチである。20代の頃は毎週のようにバス釣りに行っていた。その後、外来魚による環境破壊問題等、色々考えることもあり、バス釣りはやめて、海の投げ釣りでシロギスやカレイを狙いに和歌山や日本海の海へ通った。

 さらに、転勤で福岡に住んでいた時期があり、海の近くに住んでいたこともあり、シーバス(スズキ)やメバル、ガシラ等のソルトフィッシングにはまった。息子を連れて子アジのサビキ釣りも行ったりして息子も大喜びしていた。釣った魚をさばいて刺身や煮つけや干物などに調理するのもまた釣りの醍醐味だったりする。

 今は、滋賀県に住んでいて、海が遠くなりごぶさたしているが、今年の夏からまた息子を連れて敦賀等日本海方面に遠征に行ってみたいと考えている。

 ・・・と、やたら前置きが長くなったが、そういうことで私は海と釣りが好きなんです。ということでハワイに行ったら、もちろんやってみたいです。フィッシング!!それも、あの松形弘樹の世界、海のトローリングやジギングで豪快にカジキ、マグロ、GTを狙い、体力の限り魚と格闘したい!!・・・家族で行くには無理がありそうだが・・・

 色々調べてみるとハワイにはそんなハードな男の世界だけでなく、もっと手軽に釣りができるアクティビティもあるらしい。その名も「ライト タックル フィッシング ツアー 」。ライトタックルを使った陸っぱりでよく釣れるポイントに案内してくれるとのことだ。これなら船酔いの心配もないし、子供にもできそうだ。(http://www.isana.com/LightTackleFishing.html

 でもやっぱり、男のロマンを求めて、大海原へ繰り出したいなあ・・・・いつになることやら・・・



posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイに行きたい!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ウクレレCD「Peace,Love&Ukulele/Jake Shimabukuro」

 ジェイクシマブクロの最新CD「Peace,Love&Ukulele」を聴いた。・・・「最新」とは言っても、去年の11月に発売されたものだけど。彼の初めてのウクレレのみで演奏された、ウクレレ・ソロアルバムだ。

peace,love&ukulele.jpg

 文句なしにかっこいい。改めて彼の才能に驚かされる。そして、ウクレレのみの演奏なので、何か暖かな親近感、ライブ感みたいなものも感じられる。

 ♯2の「Ave Maria」はあの古典的な名曲の荘厳さをトレモロ奏法を駆使しながら見事に表現している。

 ♯3は「The Beatles Medley」でHere,There EverywhereからYesterday、Let It Beと続く。Yesterdayくらい自分でも弾いてみたいなあ。

 ♯5の「Crosscurrent」は同名タイトルのアルバムからのセルフカバーのソロバージョンだ。この躍動感、スピード感は文句なしにかっこいい。

 ♯6の「Floaters」のしっとりとしたバラードもなかなか良い。

 こういうウクレレソロの演奏は、ストレートにウクレレの音の気持ちのよさ、そしてジェイクの才能あふれるプレイを堪能できてよい。マイベストアルバムの一つになりそうだ。次回も期待したい。・・・ジェイクのライブ行ってみたいなあ〜

 


posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレCD&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

「GString Ukulele」の小冊子”Hawaii”Wiki Wiki Ukulele

梅田ナカイ楽器の店頭に置いてあった、小冊子「”Hawaii”Wiki Wiki Ukulele」をもらってきた。

hawaiiwikiwikiukulele.JPG

 ヤマハミュージックトレーディング社が輸入しているハワイのウクレレ「GString Ukulele」のPR用の小冊子で去年の10月作成になっている。

 この「GString Ukulele」はカナダの人気ウクレレプレイヤーJames Hillの愛用らしいが、この小冊子では、つじあやの、山内雄樹、KONISIKIなど私でも名前を聞いたことのある人のコメントなどもでてくる。

 「ISLAND MUSIC CD SELECTION」というコーナーでは、日本ではなかなか入手できないハワイのおすすめCDを紹介している。この域まで来るとかなりマニアックになてくるがいつか、ハワイに行ったときにチェックしてみたい。

 あと、なぜかあの料理の鉄人坂井宏行氏がでている。ハワイに「シェフ・サカイ」という会社を立ち上げ、なんと、「CHEF SAKAI a taste of islands」というタイトルのハワイアンのコンピレーションCDの監修をしているとのことだ。才能のある人というのは色々マルチな活動をするもんだなあ・・・ふと、何の取り柄もない我が身を振り返る・・・ちなみに氏はウクレレは持ってはいるが弾きはしないとのこと。

 ちなみに、この「GString Ukulele」は1993年に設立された比較的新しいブランドで、社長のデレク・シミズはハワイ大学在学中に趣味としてウクレレつくりを始めたらしい。・・・やはり、才能のある人は・・・いや、きっとここに至るまでの努力はすさまじかったに違いない!! ロゴのマークも結構かっこいい、コア材でできていてヘッドブロックに製造番号、製作者のイニシャル、製造年月が印字されているらしい。気になるお値段は、スタンダードモデルで82,950円!!・・・やっぱり良い物はそれなりの値段がするなあ。まっ今は「見るだけ」!!

 
posted by Masa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ウクレレショップ巡り<梅田ナカイ楽器 グランドビル店>〜カマカはやっぱりいいなあ

 所用で梅田に行く事があったので、かねてより気になっていた阪急グランドビル30Fにある「梅田ナカイ楽器 グランドビル店」を覗いてみた。

 今まで、立ち寄った楽器屋はウクレレの品揃えは少なく、せいぜいフェイマスが3〜4種類並んでいる程度だったので、他のブランドのものも実物を見たり触ったりしたかったのだ。

 ネットで調べていたら、この店のウクレレの品揃えは豊富と書いてあったので、行ってみた。行ってみると基本的にはギターの方がたくさん置いてあるのだけど、ウクレレの品揃えもすごい。まだ勉強不足なので、メーカーの名前は良く分からないので残念だが、ハワイ製と思われる、10万円〜20万円くらいのものから、フェイマスの1万円台まで、メーカーも値段の幅も色々だ。また、ソプラノタイプだけでなくコンサートタイプ、テナータイプ、さらにバリトンタイプまでも置いている。

 とりあえず「カマカのソプラノタイプを弾かせてくれ」とお店の兄さんに頼む。すると、この兄さんがまたかっこいい。さりげなく、セールストークをかましながら、チューニングをして、「はい、どうぞ」と渡してくれる。チューニングも、ピッチパイプとか使わず、難なくとやっている。

 初めてこの手に触るカマカ。とりあえず、Cのコードでポロンなんてやってみる。うん、確かに良い音だ。私のフェイマスに比べ音の響きが明らかに良い。音色も確かに乾いた感じのこれぞウクレレって感じの音だ!・・・しかし値段はやはり6万円弱もする。・・・まあ今は眺めるだけとしとくか・・・大体今の私にはカマカなんぞ百万年早いしね。

 他にもMANAなど、ハワイ製でコア単板のモデルで3〜4万円台のものもあった。コンサートタイプとなるとカマカだと10万円を超えるがMANAなら5万円台だ。色々研究してみたら他にも値ごろで良いメーカーがありそうだな。

 それにしてもこの店員の兄さん、私がカマカを返してからも即興でさりげなく演奏しながら「カマカは人気ですねえ。たいていのお客さんがこれ触らせてくれってきますよー。だけど、他のメーカーもそれぞれ味がありますよー」なんて色々説明してくれる。もっとたくさん聞きたかったが時間もなかったので、「また来ます」と言って店を出た。

 こういうウクレレショップ巡りも結構楽しい。東京だとこういう店たくさんあるみたいだけど、関西にもこういう店、他にもあるのかなあ?



posted by Masa at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ウクレレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

春だねえ〜琵琶湖の菜の花畑で春を満喫

 昨日はよく晴れて、暖かい1日だった。下の娘がまだ7ヶ月だから、寒い間は外にあまり出れなかったが、今日は絶好の外出日和だ。

nanohana

 ネット見てたら、守山市に早咲きのきれいな菜の花畑があるらし。 「約1万2千本の早咲きの菜の花が約4000uの土地一面に広がり対岸の比良山系とのコントラストが大変美しい。」なんて書いてあるので、こりゃ行くしか、ないっしょ。

・・・ということで、車で行ってみた。自宅からは30分もかからない。場所は琵琶湖大橋からもう少し北に行ったところ、琵琶湖アーバンリゾートホテルの裏だ。琵琶湖沿いを走っているとすぐわかる。

 琵琶湖をバックに、一面黄色い菜の花の世界。残念ながら対岸の山はかすんでいて良く見えなかったけど、当たり一面菜の花の香りにあふれ「やっと、春が来たあ」って感じだ。息子がはしゃいで菜の花の中を走り抜けると服が花粉だらけになっていた。

 今年の冬は例年になく寒かったので、この春の到来がなんか待ち遠しかった!!我が家のような小さい子供を連れた家族連れや、若いカップル、風景写真を撮るアマチュア写真家おじさんたち等など、みんなうれしそうな顔している。息子もつくしを摘んだり、てんとう虫を捕まえたり、楽しそうだ。

 これから、良い季節になるなあ。もう少し暖かくなったら、ウクレレ持っていって、外で弾いたら気持ちよさそうだなあ

posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。