2006年02月26日

よく頑張った男子アルペン!!〜スキーブームがやってくるか?

トリノオリンピックも、終わりが近づいてきた。荒川静香の金メダルは本当に感動した!!
そして、今日は、これも活躍が期待されているアルペンスキー男子スラローム。今回のメンバーは史上最強と呼ばれる布陣だ。

 実は、私、今は下手くそなウクレレ弾いているオヤジだけど、学生時代はアルペンの競技スキーのクラブに入っていて、スラローム、GS(ジャイアントスラローム)、ダウンヒルなどやっていた。冬になると、長野や北海道のスキー場で住み込みのバイトしたり、合宿や、大会を転々としてた。白馬の岩岳で大きな大会があって、憧れだった。・・・・成績はさっぱりだったけどね(笑)。そんでもって、冬場に金を使い果たして、その分は春夏秋にバイトで稼ぐという季節労働者のような日々だった。あの風呂なしの6畳間のアパート、懐かしいなあ・・・・

 当時、世間はバブル絶頂。映画「私をスキーに連れて行って」なんかの影響もあり、ゲレンデはいつもメチャ込み。競技スキーでは日本のエースは岡部哲也。ワールドカップでも表彰台に立ち、一躍有名になった。海外では、ピルミン・ツルブリッケン、マーク・ジラルデリ、それから、なんといっても爆弾男アルベルト・トンバ!!ちょうど、トンバがブレイクし始めた頃で、あの爆発力はかっこよかった。女子ではフレニー・シュナイダー、日本人では川端絵美。・・・これまた、懐かしいなあ・・・

 ・・・まあ、過去のことはさておき、今回のトリノ、1本目は息子を寝かしててうっかり自分も寝てしまい見れなかったが、AM2時20分からの2本目から見た。日本の湯浅直樹の滑りは見事だった。あの直線的で積極的な攻めは見事だ。期待の佐々木明は残念ながら2本目にポールをまたぎ失格。そして、皆川賢太郎。1本目3位で、メダルへの期待十分。2本目滑った後も3位。これはと思ったが、結果は0秒03差で4位。1〜3位はアルペン王国オーストリア勢の独占。惜しかったあ!!それでも、湯浅も7位入賞で、これは日本チームとしては快挙だ!!

 アルペンスキーってヨーロッパでは花形スポーツなんだけど、日本ではちょっとマイナーな存在だった。一時期フジTVが古館さん使って、ワールドカップの放送してたけど、長続きしなかった。やっぱり、日本のチームが強くないと盛り上がんないんだよね。そういう意味でも今回の大活躍は、今後に期待できるかも??

 今はスキー人口も減りゲレンデも結構空いているけど、景気も上向いてきているし、またスキーブームがやってくるかも???

 我が家は、今年は下の娘が生まれたばかりなのでスキー行ってないけど、来年は行きたいなあ・・・・しかし、スキーとウクレレって、いまいち似合わないなあ(笑)


posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【Torino2006】アルペン・男子回転・レビュー
Excerpt: 皆川賢太郎・4位入賞! 湯浅直樹・7位入賞! 金:ベンジャミン・ライヒ 1:43.14 銀:ラインフリード・ヘルプスト 1:43.97 銅:ライナー・シェーンフェルダー 1:44.15 と、表彰台は..
Weblog: おむじろぅの ふぉるつぁ!ニッポン!
Tracked: 2006-02-26 13:58

功をあせらず、自分を磨く
Excerpt: Podcastに配信している番組は→の写真を クリックしてもお聴きになれます。
Weblog: ジョーク池袋のウクレレ三昧
Tracked: 2006-03-01 03:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。