2006年03月13日

ウクレレショップ巡り<梅田ナカイ楽器 グランドビル店>〜カマカはやっぱりいいなあ

 所用で梅田に行く事があったので、かねてより気になっていた阪急グランドビル30Fにある「梅田ナカイ楽器 グランドビル店」を覗いてみた。

 今まで、立ち寄った楽器屋はウクレレの品揃えは少なく、せいぜいフェイマスが3〜4種類並んでいる程度だったので、他のブランドのものも実物を見たり触ったりしたかったのだ。

 ネットで調べていたら、この店のウクレレの品揃えは豊富と書いてあったので、行ってみた。行ってみると基本的にはギターの方がたくさん置いてあるのだけど、ウクレレの品揃えもすごい。まだ勉強不足なので、メーカーの名前は良く分からないので残念だが、ハワイ製と思われる、10万円〜20万円くらいのものから、フェイマスの1万円台まで、メーカーも値段の幅も色々だ。また、ソプラノタイプだけでなくコンサートタイプ、テナータイプ、さらにバリトンタイプまでも置いている。

 とりあえず「カマカのソプラノタイプを弾かせてくれ」とお店の兄さんに頼む。すると、この兄さんがまたかっこいい。さりげなく、セールストークをかましながら、チューニングをして、「はい、どうぞ」と渡してくれる。チューニングも、ピッチパイプとか使わず、難なくとやっている。

 初めてこの手に触るカマカ。とりあえず、Cのコードでポロンなんてやってみる。うん、確かに良い音だ。私のフェイマスに比べ音の響きが明らかに良い。音色も確かに乾いた感じのこれぞウクレレって感じの音だ!・・・しかし値段はやはり6万円弱もする。・・・まあ今は眺めるだけとしとくか・・・大体今の私にはカマカなんぞ百万年早いしね。

 他にもMANAなど、ハワイ製でコア単板のモデルで3〜4万円台のものもあった。コンサートタイプとなるとカマカだと10万円を超えるがMANAなら5万円台だ。色々研究してみたら他にも値ごろで良いメーカーがありそうだな。

 それにしてもこの店員の兄さん、私がカマカを返してからも即興でさりげなく演奏しながら「カマカは人気ですねえ。たいていのお客さんがこれ触らせてくれってきますよー。だけど、他のメーカーもそれぞれ味がありますよー」なんて色々説明してくれる。もっとたくさん聞きたかったが時間もなかったので、「また来ます」と言って店を出た。

 こういうウクレレショップ巡りも結構楽しい。東京だとこういう店たくさんあるみたいだけど、関西にもこういう店、他にもあるのかなあ?



posted by Masa at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ウクレレ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 「GString Ukulele」の小冊子”Hawaii
”Wiki Wiki Ukulele が店頭に置いてたと書かれてたので
すが お手数ですが郵送していただけないでしょうか?送料と
手数料をお支払いしますので お願いできませんか?どうして
も見たいのでメールしました 
Posted by 森廣 清文 at 2006年06月12日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。