2006年04月03日

本格芋焼酎「豪放磊落」〜ヨメさんの福岡みやげ

 福岡の親戚の家に遊びに行っていた家族が帰ってきた。うれしいことに焼酎をおみやげに買ってくれた。鹿児島の芋焼酎「
豪放磊落(ごうほうらいらく)」という銘柄だ。


懐かしの福岡生活〜毎日が焼酎三昧 
 実は私は芋焼酎が大好きだ。2年前に転勤で1年間だけ福岡に住んでいた事があって、そのときにはまってしまった。

 近くに大きな酒屋があって、その品揃えのすごさは、さすが地元九州って感じだ。樽の量り売りで色々な銘柄の焼酎が味わえるのも良い。居酒屋でも、安い値段で飲める。新鮮な地魚や地鶏をアテに、よく飲んだものだ。九州の人にとって「酒」っていうと日本酒ではなく焼酎の事なんだよね。

 地元の人が色々お勧めの銘柄を教えてくれる。印象に残っているのは「紫美」という銘柄。あの独特の香り、甘味は忘れない。
 他にも「貴匠蔵」
「小鶴」
「島美人」
あたりの銘柄は良く飲んだ。

 
 鹿児島県の最南端で正月に「指宿菜の花マラソン」というマラソン大会があって、鹿児島出身の人たちと一緒に参加した。その前の晩に、地元で酒屋をやっている人の家に泊めさせてもらった時にいただいたのが「小鶴」だ。この「小鶴」は、今住んでいる家の近くにあるリカーマウンテンという酒屋にも売っているので、今はもっぱらこいつを飲んでいる。


焼酎のおいしい飲み方 
 飲み方も教えてもらった。お湯割りは先にお湯を入れたあとに焼酎を入れる。割合は焼酎:湯=6:4。梅干何ぞ入れるはずもない。鹿児島では、前の晩に水で割った焼酎を「くろじょか」という容器に入れて燗して飲むのが本式らしい。

さて、「豪放磊落」は・・・・ 
 話は戻って、今回の「豪放磊落」だが、東酒造っていう蔵元で製造されているんだけど、なんとあの「魔王」の杜氏だった前村貞夫氏がこの東酒造に移籍しているらしい。生産も、年に一升瓶で10.000本のみ。手間暇かけた甕仕込み、木桶蒸留、2年貯蔵。割り水も天然湧水の大重谷原水。芋は黄金千貫。ずらずらと挙げた能書きだけで何かものすごくありがたいものに感じてくる。

 肝心のお味のほうは、コクみというか甘味というか芋独特の味と香りがしつこくない程度に味わえるバランスの取れた味だと思う。飲みやすいんでつつい飲みすぎてしまった。

 それにしても、九州ではこういう本格焼酎が街中の普通の酒屋に当たり前のように置いているところが恐ろしい。また福岡に行きたいなあ〜




 
posted by Masa at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
焼酎いいですね〜♪
お花見しながら
飲んだら最高じゃないですか!
Posted by シン(息子) at 2006年04月05日 19:13
シン(息子)さん。Masaです。
そうですね〜。花見に焼酎、最高ですね!!
この週末は良い花見日和になりそうなので楽しみです!!
Posted by Masa at 2006年04月07日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。