2006年07月25日

ウクレレCD「GENTLY WEEPS/JAKE SHIMABUKURO」

 ジェイクシマブクロの最新アルバム「GENTLY WEEPS」を聴いた。

ジェントリー・ウィープス
 全16曲中9曲がウクレレソロ、その他はギター、ドラム等との共演でバランスよくいろいろなテイストが味わえる。

♯1「Hula Girl」はこの夏に公開される同タイトルの映画のメインテーマとのこと。POPでさわやかなサウンドはジメッと蒸し暑い日本の夏も、吹っ飛ぶ感じ!このままボーカルで聴かせるようなウクレレサウンドだ。

♯2「Beyond The Break」はこれもアメリカの同タイトルのTVドラマに挿入曲として使われているとのこと。ハードなエレキギターとジェイクのウクレレのコンビネーションが見事。ウクレレでこういう世界を表現できてしまうところがさすがジェイクってところか。

♯3、7、8、13は彼の過去のアルバムからのソロカバー。♯3のラストにかけての早弾きは、もうたまらん。

♯4「Angel」は、スローで静かなナンバーですーっと引き込まれる感じ。はや弾きだけでなくこんな世界もしっかり作れるところが彼のすごいところ。スチールギターも加わり、ちょいハワイアンテイスト。

♯6「Coffe Talk」のようなちょっと肩の力の抜けたPOPなメロディも結構心地よい。まさにコーヒーブレイクのときに聴きたい曲。

♯9「Hey Little Lady」は、ちょっと懐かしい感じのご機嫌なR&Rナンバー。

♯10、11、12あたりはスローでしっかり聴かせるナンバーが続き、♯15「On The Road」は、また爽快なサウンド。締めの♯16はアメリカ国家をソロで聴かせる。随所で駆使されるトレモロが最高!!

 また、おまけで、エクストラ・トラックとしてパソコンで映像も見れる。ハワイ州観光局のTVCMの映像らしいが、「On The Road」をバックにジェイクがハワイの片田舎の小さな町のダイニングと思われる店で、のんびりとウクレレを弾いている、そのうち、近所の人たちがみんな集まってきてジェイクを囲んで、パーティーが始まる。なんともほほえましくもあり、どこか懐かしさも感じる作品だ。ジェイクは、まだめがねをかけており、視力回復手術をする前の映像のようだ。

 
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレCD&DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。