2006年11月05日

ハワイアン・バンプって?

 3連休は、娘が体調を崩し、遠出もできなくなったので、久しぶりにのんびり時間が取れた。
 
 ということで、ウクレレ!!KAIMANA HILAっていうハワイアンソングを練習するが、そのイントロ部分にD7→G7→Cっていうコード進行がでてくる。これは「ハワイアン・バンプ」って言って、ハワイアンソングではおなじみのコード進行らしい。 確かに、なんかハワイアンっぽいメロディだ。しかし、ハワイアンバンプってどういう意味なんだろう?他にヴァリエーションがあるのかなあ?楽譜本にはそのへんの説明が何も書いていないので、ネットで色々調べるが、どうも良くわからない。

 ・・・・誰か、教えてください!!
 
 
posted by Masa at 10:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バンプとは、ハワイアンの前奏のパターン
です。一番と二番の間に短い間奏としても使うことが有ります、フラの踊り手に曲に入る間を作る為、と聞いたことがあります.起源はともかく今ではハワイアンらしさの独特なフレーズです。初心者の教本として『いつでもどこでも ウクレレ弾こうよ』がお勧めです。¥950ですが、基礎、練習曲、ウクレレならでわのテクニック、音楽理論、ソロまで、詳しく丁寧に説明されてます。がんばってください。
Posted by ティコティコ at 2006年11月05日 11:12
D7→G7→Cは怒濤の進行、いやドミナントモーションが連続している強い進行です。
キーはCだと思いますが、ローマ数字による度数進行で表現すると、II7→V7→Iとなります。ジャズでも多用されるトゥ・ファイヴ・ワンですね。
ダブル(ドッペル)ドミナントとか言ったりします。

詳しくはCOBAさんのページが参考になりますよ。真剣に勉強しないと私には難しかったです。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/ukulele/chord_progression/13secondary.html
http://www.cobastudio.com/
Posted by かわべ at 2006年11月05日 18:13
ハワイアンは民族音楽なので、短い歌が1番から始まると、覚えている限り10番以上ずっと続くような構成になっているとか。それで、歌と歌の間に入る間奏的なフレーズをバンプと呼んだりします。
もちろん、バンプには色々なパターンがありまして、リットーミュージックから出ている教則DVDなんかを買ってみると、沢山紹介されていたりしますね。私は、「かなり本気でウクレレ」とかが、お気に入りですけれども。
Posted by Bansoukou at 2006年11月22日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。