2006年12月03日

soba そばソバファミリー

 生協主催の「そばソバファミリー」という催しに参加している。
夏に蕎麦の種まきをし、刈り入れ、脱穀と体験し、最後に蕎麦を自分で打って食べるという企画で、昨日がその蕎麦打ちの日だ!

soba.JPG 実は去年も家族で参加し、大変楽しかったので今年も参加してしまった。子供たちには土をいじることを体験させられるし、私も蕎麦が大好きなのでとてもよい企画だ。しかも参加費は無料!生協さんはこういう「食育」という観点から結構楽しいことを企画してくれるのでありがたい。

 今年は大変豊作だったようで去年の1.5倍もの量が収穫できたとのことだ。

 肝心の蕎麦打ちだが、これが結構難しい。そば粉とつなぎ粉を7:3の割合(普通は8:2、いわゆる二八蕎麦にするらしいが、子供にも体験させるので簡単に出来るようにつなぎ粉の配分を多くするらしい)で混ぜた物を水と一緒にこね、団子状になってきたら、棒を使って伸ばしていく。この伸ばし方が結構うまくいかない。なるべく四角くなるように、うすくうすく伸ばしていくのだが、どうしてもいびつになる。結局世話役のおばさんにかなり手伝ってもらった。

 そして、これを包丁で切る。細く均等に切るんだけど、結構これは得意!おばさんにもほめられた。

 出来上がった蕎麦を茹で上げ、大根おろしとねぎ(これも蕎麦畑のとなりで栽培してたもの)をだしつゆにたっぷり入れて食べる。

 「うまい!!」・・・この香りと、こし。まさに、ひきたて、打ちたて、ゆでたての3拍子そろった絶品。家族みんなで一瞬のうちに平らげる。夏から何ヶ月もかけて出来上がった蕎麦を一瞬のうちに食す。これが最高の贅沢である。さらに蕎麦湯でしめ!これがまたやめられないんだよね!

 生協さん、来年もやってください!!
posted by Masa at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。