2007年02月18日

Dmの正しい押え方

 実はウクレレ弾き始めて1年以上たって始めて気づいたことがある。続きを読む
posted by Masa at 18:27| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

ハワイアン・バンプって?

 3連休は、娘が体調を崩し、遠出もできなくなったので、久しぶりにのんびり時間が取れた。
 
 ということで、ウクレレ!!KAIMANA HILAっていうハワイアンソングを練習するが、そのイントロ部分にD7→G7→Cっていうコード進行がでてくる。これは「ハワイアン・バンプ」って言って、ハワイアンソングではおなじみのコード進行らしい。続きを読む
posted by Masa at 10:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

サルでも分かるコードのツボB〜メジャーとマイナーの違い・・・ツボは3度

久しぶりにコードのお勉強。音程とか全音、半音っていうことはわかったが、ではメジャーコードとマイナーコードの違いは??

続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

「H」「P」って?〜ウクレレテクニック「ハンマリング」「プリング」

 「PUA LILILEHUA」というハワイアンの曲を練習しようとしたら、楽譜に謎の記号が・・・・。

 音符と音符の間を⌒でつなぎ、⌒の上にHと書いてある。なんじゃこりゃー?本にはこれが何かは説明してくれていない。

・・・・色々と調べたら、分かった!!続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

サルでもわかるコードのつぼA〜全音と半音

 コードの響きは「メジャー」なら、明るく、濁りのない響き、「マイナー」なら暗い雰囲気の響きとなるが、この違いはなぜ出てくるのか?

 それを知るには、それぞれの和音を構成する音の関係を知る必要がある。さらにそのための基礎的知識として、「全音」と「半音」について知る必要がある。・・・・ということで今族は「全音」と「半音」についてのお勉強(なんか、だんだん、ウクレレ初心者というより、子供の頃の音楽の教科書みたいになってきたなあ)
 
  

 



 続きを読む
posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

サルでもわかるコードのつぼ@〜まずは基本から

 コードについているdimという言葉がなんて読むか分からなかったんだけど、ジョーク池袋師匠(勝手に師匠と呼ばせてもらっている)から、コメント頂き、「ディミニッシュ」って読むことが分かった。師匠!私の他愛もない疑問に回答頂き、ありがとうございました!!

 せっかくだから、コードについてちょっと研究してみようと思う。
○mのmはマイナーで、何か響きも物悲しいまさに「マイナー」な感じがするので、分かる気がするが、dimってどういう意味なんだろう?他にもsusとかaugとかついてるのがあるけど、これもどう読むのか?意味は?・・・

まずは、コードの基本

 コードとは、高さの違う音を2つ以上同時に鳴らした響きのことで、実際には3つの音からなるトライアド(3和音)、4つの音からなるセブンスコード(4和音)がある。root(根音)から、3rd(第3音)、5th(第5音)、7th(第7音)というふうに3度づつ重ねていく。

 この「3度」とは音と音の高さの違いでいわゆる「音程」のことを言い、C(ド)とC(ド)なら1度、CとD(レ)なら2度、CとE(ミ)なら3度ということになる。(何故か同じ音同士でも1度という)

 だから、CというコードはrootがC(ド)、3rdがE(ミ)、5thがG(ソ)ってこと。ためしにCのコードを押さえてそれぞれの弦を鳴らすと、確かにド、ミ、ソだ!・・・なるほど!


次にコードネームの読み方と意味

 「Cm7」っていうコードを例にとると、読み方は「シー・マイナー・セブン」
 はじめの「C(シー)」は、root(根音)の音名
 そのあとにある「m(マイナー)」は響きの種類
 最後の「7(セブン)」は、ここに何も書いてなければトライアド、数字が書いてあればセブンスコードである。

 「メジャー」なら、明るく、濁りのない響き、「マイナー」なら暗い雰囲気の響きとなる。確かに弾いてみるとよく分かる。この違いは・・・・

 ・・・ふう、お勉強は疲れる。今日はこの辺にしとこ!!




posted by Masa at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

弦を張りなおした直後は音が安定しない〜弦は伸びる!!

 弦を張りなおして、また練習再開だ。4弦が今までより1オクターブ上がっているので、(わけもわからずローGになってた)コードをストロークで鳴らすと、いままでより軽快な感じがする。(・・・たぶん)。

 ポロンポロンとしばらくやっていると、何か音がずれているような感じがしてきた。単音で弾いてみても明らかに音が変わっている。チューニングメーターで確認すると、ありゃりゃ、さっきチューニングしたばかりなのに、どの弦もコード一つ分音が下がっている。ペグのねじもちゃんと締めているのに何故だ??

 おなじみの「ウクレレ・スタイルブック」を見てみると、書いてある書いてある。ナイロン弦はどんどん伸びていくので、初日はほとんど使い物にならないらしい。何度、チューニングをしても音が下がってしまうのだ。
 
 対策として、弦を張ったあとにボディから引き離すように弦を引っ張るという技もあるらしいが、この本の著者は、これをやると部分的に弦が伸びてしまい、音程があわなくなるので、なるべく避けたほうがよい、どうしてもすぐに弾きたいときは全体をまんべんなく、軽く引っ張る感じでのばすと書いている。

 ・・・まっ、何度かチューングしてりゃあ、いつかは安定するんだろう!!

 

 
posted by Masa at 00:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

弦の張替えにチャレンジ〜ブリッジの溝になかなか入らない!!

昨日買った、弦の張替えにチャレンジ!

@これが無残にも切れた4弦である。

 

kiretagen.JPG

Aまずは、弦の先端に結び目を作る。1、4弦は2重にしとくと良いらしい。

 

 

musubime.JPG

B結び目をブリッジにある切れ込みの溝にはさむ。溝は狭いのでなかなか弦をそこに通すのにてこずる。

 結び目をある程度奥に押し込められれば、あとはペグを巻くときに自然に弦が溝のおくまで入る。

 

mizonihasamu.JPG

C弦をペグのストリングポストに通して巻きつける。巻き付け方は「ウクレレ・スタイルブック」の絵を見るとわかりやすい。(それにしてもこの本、 結構使える!!)

 

genotosu.JPG

Dペグを巻き、チューナーで音を合わせれば完成。1、2弦と3、4弦はペグを回す方向が違うので要注意。

peguomaku.JPG

・・・・これを4本の弦でやるのだが、特にBの作業がてこずったが、コツを飲み込めば簡単にできそうだ。

ぐずぐずやってたから、もう1時回ってる。明日は眠くなりそうだ。

posted by Masa at 00:00| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

チューニングの基本「4弦のGは1オクターブ高い」

ヨメさんが、「4弦の音って1オクターブ低くない?」と言った。

 「何言ってんねん。」と思いながら、音楽に関してはヨメさんのほうがはるかにセンスある。練習本の見本の音を聴くと確かに、 1オクターブ低い。思えば、最初からチューニングメーターでチューニングしていたし、若い頃ギターを触っていたときの経験では、 左の弦ほど音は低かった。・・・・・チューニングメーターは確かにGなのだが、まさか1オクターブ違っていたとは!!!

 「ウクレレ・スタイルブック」という本を見ても、確かに、「ギターとの違いは4弦のソ(G)が1オクターブ高い・・・・」と書いてある。 ちなみに、ギターと同じように低いソ(G)でチューニングすることをローGと呼ぶそうで、ウクレレの神様と呼ばれるハーブ・ オオタはこれにしているとのこと。また、その場合は4弦はガットギター用の4弦を使うらしい。

 ・・・・ということで、チューニングメーターとにらめっこしながら、ペグを巻いていった。1オクターブ上げるというのは結構巻く。 低いGからA、B、C・・・・と上がっていくにつれてかなりきつくなってきた。弦の張力でペグが戻されるくらいになってきた。・・・・・・ 大丈夫かなあ???と不安になってたのもつかの間、ブツッと弦が切れた。しばらく時間が止まった・・・・・

 考えてみれば、このウクレレはヤフオクで手に入れた中古品で、弦も張り替えてなかったので寿命だったのかなあ?・・・ということで、 明日は弦の張替えにチャレンジだ!!

 

posted by Masa at 00:00| 滋賀 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

ウクレレ初心者のつぼ<「ウクレレ」ってどういう意味?>

 息子もウクレレに興味を示してきた。「ウクレレってどういう意味?」と唐突な質問を浴びせてくる。うーん。「ウクレレ」は「ウクレレ」だろうってのもあまりにも芸のない頑固オヤジみたいな答えだ。

 そこで調べてみた。ウクレレ(UKULELE)とはハワイ語で「UKU=ノミ」、「LELE=跳ねる」という意味だそうで、あの軽快な音が「ノミが跳ねている」みたいだからだそうだ。

 また、ジェイクシマブクロのCD「SUNDAY MORNING」の解説書には古きハワイではこの楽器を演奏するときの奏者の指が速く、次から次へとフレットに当たる様子がノミが跳んでいる様に似ている事から名づけられた」と書いてあった。何となく納得。しかし、私の指は「ノミ」というよりものろまな「かたつむり」だけどね。

 息子に教えてやった。しかし、「ノミって何?」だって!!そりゃ、4歳の子供はノミは知らないだろうなあ。
posted by Masa at 00:00| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ウクレレ初心者のつぼ<ウクレレのペグはドライバーで締めるべし>

この間チューニングしたばかりなのに、何かチューニングが狂うなと思ってたら、本に「ウクレレのペグはゆるみやすいので、ゆるんだらドライバーでペグのネジを締める。」と書いてあった。

何だ!そうだったのか!!確か、ギターではそんなことなかったよな。試しにプラスドライバーで締めてみるとやはり結構緩んでた。これじゃあ狂うはずだよ。・・・・と、ビギナーMasaには大きな発見であった。
posted by Masa at 23:01| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ初心者のつぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。